南区本浦町

工事期間 2020年6月~2020年7月

築40年近い木造賃貸家屋の劣化改修工事です。

立地条件から地盤補強が困難なため、大地震発生時に建物損傷を遅らせるべく上部構造のみ耐力壁、水平構面の補強を実施。

キッチンの位置を変更したので、流し台に対して窓が大き過ぎる印象があります。その窓開口には耐震ブレースを設置しています。

施工事例その他リフォーム一覧へ