倉庫の仕切棚

コロナウイルスのおかげで現場仕事がめっきり動いていません。
そんなこともあって、今週は天気が持ち直したタイミングで事務所倉庫の整理を始めています。
天井高が2,400㍉なので長い材料は置き場が難しく、板モノを収納しつつ、配置を考えて間仕切収納棚を作ることにしました。
全然たいしたことのない話ですが、画像にて紹介しますので、お時間ありましたらご覧ください。

澤田

  • このスペースに建材や板を収納したいのです

  • レーザー光線で立ち(垂直)を見て仕切の間隔を決めます

  • 潮大工のお腹は出とるのぉ・・「ちょっと待てぃ~!」

  • 「ん?・・なに?」「下見て!お腹!」

  • よく見るとお腹にレーザー光線の光が当たっている・・

  • というくだりで潮大工がカニ歩きでヨコへ入っていける巾330㍉(1尺1寸)を確保します

  • 元々の壁下地があるところへヨコ胴縁を付けます

  • このように仕切って行きました

  • 上部はヨコの置けるように棚です

  • まだ整理できていませんが、こんな感じです・・・続く

一覧へ

スタッフブログ

カテゴリー

タグ

年月