ブラインド付けました

本日は弊社の窓に付けた「ブラインド取付手順」を紹介します。
FFC免疫加工を終えたブラインドが届いていたので、休日を利用して取付ました。福岡県大川市(株)ウッドサークルさんにて所定時間(84時間)免疫加工を終えた加工品は宅配便で送られてきます。
ブラインドは採寸時に窓枠(額縁)内に納める場合、実際の開口寸法より少し小さくします。
取付けた窓の額縁(窓枠)奥行180㍉あります。ブラインドをサッシに近づけても残り140㍉です。実はこの残した寸法には意味があるのです。それは別の日に紹介します。
・・・・今回は横着して、本文より画像で説明しますね!(笑)画像をご覧ください。

  • ブラインドを吊り下げるブラケットは(今回)天付です

  • それは窓枠の内側へ取付だからです

  • ブラケット1ヵ所にネジ2本です

  • 取付ける窓枠です

  • ブラインド間口1,650㍉に対しブラケット3ヵ所

  • 窓と直行させて2本ネジでしっかり固定します

  • ブラインドを吊り下げました

  • ブラケット芯~窓枠端まで4~7cm離します(今回5cm OK!)

  • ブラインドを閉じました

  • 角度を外から光が入るようスラット角度を変えます

  • スラットは上から光が入る角度に

  • 窓枠奥行180㍉

  • ブラインドから窓枠残り140㍉

  • 右操作型と

  • 左操作型も

  • 宅配便の送り状に「FFC加工品 ブラインド」と記されています

  • 梱包には FFC IMM WOOD マークが貼られています

一覧へ

スタッフブログ

カテゴリー

タグ

年月