ホーロー浴槽の撤去

築40年超えの東区戸坂のT様邸の浴室は冬とても寒く、洗い場から浴槽が深いので、「寒さ対策と、今より浴槽で足を伸ばしたい」ご要望で、最低限の解体工事でユニットバスを入れるようにしました。
T様邸のモジュールは関西間(本間)なので、もともと大きめの空間でした。その中にユニットバスが納まるように、洗面所側の間仕切壁を半分削りました。
もともと設置されている浴槽は鋳物ホーローなので、重量だけで約80kgと推測されます。重いことと搬出経路が狭いため取り外すのは難しいので、浴室内で叩き壊すことにしました。
浴槽が鋳物なので硬くて重い割に、脆さもあるのでヒビが入れば順番に砕いていけます。とは言え大きなハンマーで叩き壊すため、そこそこ力が要ります。汗だくになりながら作業を進めています。

澤田

  • ①解体前の鋳物ホーロー浴槽

  • ②大ハンマーで何度も叩くと割れます

  • ③さらに根気強く叩いて割ります

一覧へ

スタッフブログ

カテゴリー

タグ

年月