ひと言に省エネと言っても、皆様はどのように受け止められますか?
夏暑くなく、冬寒くない住まいが理想ですね。全館冷暖房しても電気代、水道代、ガス代など光熱費のあまりかからない燃費の良い住まいなんていかがですか?

高断熱・低燃費な家づくりとは?

今までの住宅は、冬場にエアコンを使うと、薄着で快適に感じておられる方も多いと思いますが、電力会社の請求額を見てビックリされた経験があるかもしれません。ガス温水式の床暖房設備をお使いの方もガス会社からの請求額を見て、あまり使わないという方もおられるかもしれません。

それらの現象は、せっかく電気やガスを費やして暖めた熱エネルギーが、部屋の隙間や家の断熱性能の低さで、外へ逃げてしまっているからではないでしょうか。

広島地域は一般的に、夏が蒸し暑く、温暖なイメージがあると思いますが、冬は結構寒いですね。山が多く日没になった途端に寒く感じます。積雪も安佐北区や安佐南区は旧市内より倍積もり、〇〇台と名称の付く団地を登れば気温も3度くらいは違ってきて、 とても寒いと思います。

寒さ対策には、断熱改修工事が必要になります。まず、最初に考えるところは窓。窓ガラスが結露を起こす現象は冬が近付くと多くの住まいで見られます。それは冷えた外気と暖かい屋内空気とが、窓ガラス部分でぶつかるため、空気中の水蒸気が急激に冷やされてガラスや金属表面で結露を起こします。

窓の二重化、三重化による性能向上で、窓の結露を少なくすることが可能です。もちろん、水槽や加湿器があると水蒸気が多すぎて、結露がなくなることはないかもしれませんが、結露が起きやすい一番の条件は取り除けます。

次に考えるところは床、壁、天井の断熱気密性能をバランスよく上げること。内装には吸放質性能のあるものを使えれば空気感はよくなります。

その次に、暖房設備を考えます。風のない輻射式暖房が理想ですが、エアコンを上手に使うやり方でも心地よい住空間は可能です。 石油ストーブやファンヒーターなど空気を燃やして循環させる暖房機器は水蒸気を発生させるので、お勧めできません。

ところで、高断熱化すると、夏暑くて仕方ない、と思われるかもしれませんが、断熱気密性能の向上で熱の移動が起きにくくなれば、外気温が高く部屋も暑い時にはエアコン冷房を稼働すると効き目をすぐに感じます。

それは、冷やした熱エネルギーが外部へ逃げないからで、エアコンを付けっぱなしでも自動運転停止の時間帯も多く、結果的に電気代(ランニングコスト)は安くなります。

エアコンは稼働し始めの消費電力がとても大きいのです。

既存住宅の省エネ化は、今後ますます注目度が上がってくるでしょう。

春夏秋冬のある、日本の住まいは夏に合わせて考えられてきました。

軒を深く出して夏の日差しを遮り、通風を良くして、涼しさを感じる住まい方をしていたと思います。代わりに冬は寒くても、家族がひと部屋に集まりコタツに足を入れ厚着して、寒さに対して我慢をしてきました。

部屋から出て、寒いトイレや脱衣所、浴室でヒートショックによる急激な体調の変化により、最悪の場合命の危険にもつながります。

高断熱化リフォームで、快適・健康・省エネな住まいを考えてみませんか?