ココロもカラダも健康に暮らす広島住まいの手帳

今年から加盟した「瀬戸内レモンの会」から本が出ました。
その名も『ココロもカラダも健康に暮らす広島住まいの手帳』です。
夕方、蔦屋家電エキシティ3階で行われた、出版記念セミナーに立ち寄りました。

私は途中から駆けつけたので、話の大半は終わっていました。
近畿大学の岩前先生は「田舎暮らしをされている=健康というのは違っている。これは田舎暮らしは車に乗って移動するので、個々の活動量が減ることで本当は健康的ではない!」と言われていました。
一番健康的な暮らしをしているのは「忙しく歩く東京」だそうです。
そうかもしれません。大都市の人は歩くスピードも違います。
「歩け!歩け!」と言われた気がして、帰りは足早に徒歩帰宅しました。

一覧へ