「てら岡 中洲本店」光冷暖システム

博多の日本料理「てら岡 中洲本店」さんで、世界初の風の吹かない新健康冷暖「光冷暖システム」の涼しさを体感しました。

この日は新協建設工業の社員交流会初日。

各方面(東京、石川、大阪、広島)からの集合場所でもありました。

私たちの興味は、博多名物「水炊き」など熱を発する鍋料理と光冷暖システムの清涼感はどちらに軍配があがるか?でした。

結果的には夏場の冷房負荷が大きく、エアコンを併用することとなったようです。

この建物は昨年秋にオープンしました。

設計がかなり進んだ段階で「光冷暖を導入したい」と希望されたそうです。

冷温水配管や設置場所で悪戦苦闘し、試験的にもシステムの動作環境追跡も含めて、巾木用商品を設置場所など工夫して取り付けたのが写真です。

巾木パネル周囲空間に遮熱シートを張り巡らし、本体に冷水を流すとパネルが結露し、樋で排水する考え方です。

面白いことを実施するものだ、と見入っていました。

一覧へ