そういえば…

建築の話とは外れますが、乗り慣れていない車の給油で、ガソリンスタンドに入ってから、「あれ?給油口は右?左?どっちだっけ?」と慌てた経験ないですか?
新しい車に乗っている方は見慣れているかもしれませんが、2005年以降にモデルチェンジした国産車には、ほぼ矢印が付いているのです。

車の給油口は、日本では歩道から離れた右側にマフラーがある車が多いため、左側に給油口がある車が多い傾向があるようです。
あれ!?新協建設工業のボンゴトラックは右側です。トラック系は右が多いかもしれませんね。
さらに安全性のため高温になるマフラーの反対側に設置されている感じですね。

ちなみに乗り慣れない車で、「店員さんのいるガソリンスタンドでやってまった話!ベスト3」
①給油口を開けるため鍵を渡してしまった。
②給油口を探し慌てトランクを開けてしまった。
③給油口ではなくシートを倒してしまった。
私、これ本当にありました。v(^_^;)

最近は、ガソリンスタンドもセルフが増えたので、こういうやりとりも少なくなりますね。

電気自動車だと別の悩みもあって、急速充電スタンドの少ない地域を走ると、とても不安になります。
電気自動車がもっと増えれば充電個所も増えていくのでしょうけど、現在は少ないと思いますね。

以上、思い付いた話でした。

一覧へ