水道管破裂!

台風24号が太平洋を進んでいる最中。
台風とは関係ない理由で、廿日市市 I 様邸新築現場で水道管が破裂していました。

日曜日で、しかも非常に強い台風接近ですが、大工さんが二人出ていました。
前日のブログに書いたような「台風が心配で出て欲しい」とは頼んでいませんが、大工さんも他と掛け持ちしていて、どうしても日曜しか来れなかったため、予定通り(仕方なく?)来てくれています。
工程管理する側の気持ちは感謝ですが、午後から台風の影響で暴風雨になるなら「帰らせよう」と思っていたので、朝から会社に出て最新台風情報を見ながら仕事もしていました。
そうしていたら、呉市G様邸を担当している(御近所さんに等しい)大工さんが立ち寄ってくれ、しばし近況やボヤキを聞いたり聞かされたり…現場も色々ですね。聞くだけなら無料です!(^^;)
そうしていたら、日曜でもお客様から電話が鳴りますね。雨漏りですか?(^◇^;)台風が過ぎたら対応しますね。

さて、I 様邸の大工さんから何の連絡も無いので、様子を見に山陽高速道路🛣沼田スマートIC から乗って、現場へ向かいました。横風に煽られますね。
行った時は☔なので表題の水道管破裂など気付かなかったのですが、実は…的なアクシデント発生σ(^_^;)

若い大工さんが昼休みに、露出していた水道メーターを車で当ててしまい、しかも止水栓より道路側の管が割れて水が止まらないので、協力業者の水道屋さんに連絡して来てもらいました。

通常の分譲地では道路境界近くに、給水仕切弁がありますが、ここはそれ以前の宅地だったので、簡単には見当たらない状況なのです。

1時間程度の作業で修理してくれました。やれやれ、やっと帰れます‼
ありがとうございます❗

  • 地中から水が溢れています

  • 折れた給水管をパイプ圧着機で挟む

  • 道路側を掘りパイプ圧着機を挟み替え

  • 圧着機で潰したパイプを口径復元してネオSKジョイントをセット

  • ネオSKジョイントを口径復元した部分へ取付

  • 配管を接続して復旧完了

一覧へ