国産材を使って建てる家

「国産材」とわざわざ銘打つのは「外材」が多く輸入され、日本の林業や「国産材」が危機に瀕したからです。戦後焼け野原になった日本の都市は、山の木を乱獲し「安普請」の建物を乱造しました。丸坊主の山には植林もなされたのですが、次には「木材」の海外輸入によって、長期間を要する林業が立ち至っていかなくなりました。山は荒廃し「お化け屋敷」のようになり、生育の悪い木が異常に花粉をまき散らしています。これらに警鐘を鳴らし、本来の自国の木を長期的なスパンで経営する林業が成り立つ価格で流通させることが提唱されました。

しかし「国産材は高い!」このイメージが作られ、「海外の安い木」が「永久」に保障されているかのような宣伝が一時期ありました。今でもまだ国産材は高いと思っている人が少なくないようです。林業は国土を守り洪水や土砂崩れの災害から住民を守ってくれています。海外の木はこれらに関与しません。治山治水は為政者の根幹です。緑化は国民の健康増進に役立ちます。

私たちが、初めは「東京の木で家を作る会」から始まって「近傍の山の木で家を作る」などの運動にも参加しながら、現実的な取り組みを始めました。西東京支店では「多摩産材の木で家をつくる」ことが実現し、広島支店では「もみじの家」が広島県産材で建てられました。また、奈良の吉野杉材で石川支店、大阪支店が家づくりをしています。需要が高まることによってコストも下がり、流通経路も整備されてきています。

「樵」の仕事はかつて重労働でしたが、現在はコンピュータ付きの伐採機械で女性でも操作できるそうです。材木は唯一再生可能な建材です。一本伐ったら一本植える、こうすれば資源の枯渇はありません。木が成長する時、多くの酸素を吐き出し二酸化炭素を吸収してくれます。「木の香り」が、人の心の安らぎになります。大昔から木の近くで生活し、木の恩恵を受けて暮らしてきたからでしょう。

当社は、皆様にぜひ国産材を使っていただきたく、折に触れご案内しています。新築だけでなくリフォームにも使っていきたいと思っています。季節の良い時に、現地の山の見学会も行っています。これらも「住まいの友」に案内を出しますので、ぜひご参加ください。