新協三目標・社員憲章

◎新協三目標

  1. 国民の住まいづくりに奉仕する
  2. 中小建設業者の協力共同で経営を発展させる
  3. 建設にたずさわる人々の生活向上をめざす

◎新協社員憲章

  1. 私たちは「よい建物、よいアフタ-」を誠心誠意実行します。
  2. 私たちは優れた技術者、専門家をめざし、自己研鑽につとめます。
  3. 私たちは「報、連、相」と企業ル-ルを守り、結束して経営革新につとめます。
  4. 私たちは積極的に経営に参加し、付加価値向上につとめます。
  5. 私たちは技術や知識、豊かな人間性をもって新協三目標の実現をめざします。
  6. 私たちは建築の伝統、地球環境を尊重し、さわやかな企業文化を育みます。

新協建設の理念・社長あいさつ

新協建設は1972年オイルショックによる大不況、日本経済戦後初のマイナス成長となった厳しい経済状況の中で誕生しました。

その後、幾多の困難を乗り越えて2017年3月18日に創立45周年を迎えます。これも新協建設を創立時から支えていただいた多くの方のお陰だと思います。お施主様の新協友の会、協力業者会、社員とご家族、どれが欠けても今は無いと思います。ご協力と支援、本当にありがとうございました。

新協建設は社会に存在する意義と価値を求めて新協三目標を高く掲げて誕生しました。国民の住まい作りに奉仕し、他の中小企業との連携を求め、働く人達の生活向上を実現するように取り組み成長してきました。私が4代目の代表取締役社長ですが、今までの4代はすべて血縁や同族ではなく、全く縁続きがありません。あるのは同じ方向を向いて理念を共有して歩んできたことです。会社を所有するオーナーや家族に奉仕する会社ではなく、また、家業ではなく企業として役職員が一体となって進んできたことが新協建設の基本的なあり方としての社会的存在価値と意義を表していると思います。

これまでも中小企業が存在していくのは多くのいろんな困難があります。しかし、全役職員が手を携えて、皆さんの大きな協力の和の中で力強く生き抜いてきました。今後も社会貢献を大きな柱にしている新協建設を良い意味で使っていただいて、また、私たちもできるだけお役に立ち求められる企業として持てる力を発揮できるように頑張ります。これからもよろしくお願いいたします。

代表取締役社長 越田 光夫

新協建設のあゆみ

当時の情勢はいわゆる「70年安保闘争」の高揚期であり、おりしも「建設業法」の改悪案をめぐって、中小建設業関連の人びとが集まる組合を中心に反対の輪が大きく広がっていました。その中から500名を越える人たちが新会社の設立に賛同して資金を出して株主となって物心両面での支援体制を確立しました。

今から45年前、1972年3月、良い建築会社を作ろうと情熱に燃えた「若者たち」が「新協建設工業株式会社」を創設しました。当時の情勢はいわゆる「70年安保闘争」の高揚期であり、おりしも「建設業法」の改悪案をめぐって、中小建設業関連の人びとが団結し、反対の輪が大きく広がっていました。その輪の中から、500名を越える人たちが、新しい会社の設立に賛同し、株主となって資金を提供するなど、物心両面の支援体制を確立しました。そして中小企業の町、台東区谷中に事務所を構え、他の府県でも趣旨に賛同した人々によって5つの支店がほぼ同時に誕生しました。

設立当初から「新協三目標」の理想を掲げ、意気高く出発しましたが、創立二年目にはオイルショックの波をかぶり、さらに長期不況、インフレ…日本中の中小企業が直面した困難に、新生新協建設も翻弄されました。しかし、いずれの時も、株主や多くの「新協ファン」、そして何より社員によって支えられ守られて、今日まで切り抜けてきました。新協建設の目標・理念を表す「新協三目標」とは、次の3つの言葉に集約され、社員の目指す指針としてきました。

  1. 国民の住まいづくりに奉仕する。
  2. 中小建設業との協力協同で経営を発展させる。
  3. 建設業にたずさわる人々の生活向上をめざす。

これは、本業である住まいや施設の建設で「奉仕」するだけではなく、多彩なイベントや楽しい行事を開催し、ささやかながら地域貢献文化貢献の一端を担うことも含まれています。他団体・組織との連携も強め、協力協同で経営をすすめてきました。

そして、それらをもって建設業に働く人たちの生活の向上をめざしました。また、季刊紙「住まいの友」を45年発行し続け、会社の取り組みをお知らせし、住まいに関する情報誌として、多くの読者のコミュニケーションの場ともしています。

創立45周年を迎えて

この45年間に若者たちも年齢を重ねてきました。

初代社長桐原昭光氏から1982年には二代目社長星野輝夫氏、2003年には富塚孝氏に、そして2011年に現社長越田光夫が4代目社長として就任しました。社員も世代交代が進んでいますが、創立時の情熱と理念を表現した「新協三目標」を原点として引き継がれてきました。

創立20周年の節目の時に5階建ての本社ビルをJR秋葉原駅と御徒町駅の中間という立地条件の良い地に建設しました。何度かの移転がありましたが創業の地の台東区に経営の拠点を築くことができました。

2017年3月。創立45周年を迎えました。記念の行事を各支店で開催、首都圏では「松野迅ヴァイオリンコンサート」を500名のお客様をお招きして行いました。この45年間に多くの住まい作りにかかわってきました。「国民の住まいづくりに奉仕する」私たちの仕事が、豊かな住まい・生活に寄与でき、ひいては社会に貢献できたことを実感として誇りに思っています。支えてくださった皆様に心より感謝します。

今後もすべての人が快適な住まいを維持できることを模索し提案していきたいと思います。そして「住まいの貧困」という言葉がなくなるまで、「住まいは人権、住まいは福祉」の旗を掲げて46年目からさらに前に歩んでいきます。

創立45周年記念松野迅ヴァイオリンコンサート-王子ホール前で
越田社長と支店・部門責任者紹介

 新協建設の概要

設 立
1972年3月
資本金
8,000万円
代表者
越田 光夫
従業員数
45名
本社・支店

本社・首都圏本部 〒110-0016 東京都台東区台東2-25-10 新協ビル TEL 03(3836)2011 FAX 03(3837)8450 建設業登録[国土交通大臣許可(特28)第6027号] 一級建築士事務所登録 東京都知事登録第11675号

台東支店 〒110-0016 東京都台東区台東2-25-10 新協ビル2階 TEL 03(3836)2017  FAX 03(3835)7380

東東京支店 〒133-0061 東京都江戸川区篠崎町3-1-3 TEL 03(3678)7471 FAX 03(3678)7472

西東京支店 〒191-0016 東京都日野市神明3-1-16 TEL 042(584)7508 FAX 042(584)7581

大阪支店 〒590-0962 大阪府堺市堺区寺地町東4丁2-11 TEL 072(229)2873 FAX 072(229)2874 一級建築士事務所登録 大阪府知事登録(ハ)第12316号

石川支店 〒920-3132 石川県金沢市法光寺町207-4 TEL 076(257)2535 FAX 076(257)2570 一級建築士事務所登録 石川県知事登録9第1410号

広島支店 〒731-0141 広島県広島市安佐南区相田6-1-27 TEL 082(872)1727 FAX 082(872)1728 一級建築士事務所登録 広島県知事登録97第0460号

本社地図

新協建設工業株式会社 本社

新協建設工業株式会社 本社

〒110-0016 東京都台東区台東2-25-10 TEL 03-3836-2011 FAX 03-3837-8450